[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > 最大手酪農協、2017/18年度の生産者支払乳価と配当金の見込みをともに引き下げ(NZ)

最大手酪農協、2017/18年度の生産者支払乳価と配当金の見込みをともに引き下げ(NZ)

印刷ページ
 豪州農業資源経済科学局(ABARES)は2月12日、2017/18年度(7月〜翌6月)の夏作物と冬作物の生産予測を発表した(注)
(注)豪州の夏作物は、10月〜翌年1月に播種、3月〜4月に収穫を行う。また、冬作物は、3月〜6月に播種、10月〜翌年2月に収穫を行う。本発表の段階では、2017/18年度の夏作物は播種を終えたところで、冬作物は収穫がほぼ完了したところである。
【竹谷 亮佑 平成29年12月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.