[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2020年 > 中国農業展望報告(2020−2029)を発表(食肉編)(中国)

中国農業展望報告(2020−2029)を発表(食肉編)(中国)

印刷ページ
 中国農業農村部は2020年4月20日、中国農業展望大会を開催し、今後10年間の農業を展望する「中国農業展望報告(2020−2029)」を発表した。同大会は2014年から毎年開催されており、今回は2019年の総括と2029年までの農畜水産物の生産量や消費量の見通しが報告された。
 本稿では、豚肉、牛肉および家きん肉について紹介する。なお、本報告では、新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)が、生産、価格、輸出入及び消費に長期的に与える影響は、それぞれ不確実であるとしている。

豚肉

2019年の動向

 繁殖雌豚頭数は、ASF(アフリカ豚熱)の影響で2019年に入り大幅に減少していたが、同年10月以降は増加に転じた。出荷頭数も、第3四半期は前年同期比40.4%減の9632万頭となったが、第4四半期は1億3441万頭と増加に転じた(同32.1%減)。この結果、同年の生産量は前年比21.3%減の4255万トンであった(表1)。
 豚肉(内臓およびくず肉を含まない)輸入量は前年比67.2%増の199万4000トンで、主要輸入先国(輸入量順)はスペイン、ドイツ、米国、デンマーク、オランダである。輸出量は同36.4%減の3万トンであった。
 1人当たりの消費量は、2014年をピークに減少傾向にあり、2018年は39.6キログラムであった。

2020年の動向予測

 2020年の生産量は前年比7.5%減の3934万トンと予測している。COVIDー19の発生により年始の生産能力が低下し、その影響が続くため、年間生産量では減少する見込みであるが、2020年末には、通常の水準近くまで回復するとしている。
 また、国内需給のひっ迫を受け、豚肉価格は高水準で推移し、輸入量は同32.7%増の280万トンと予測している。
 供給量の減少により、1人当たりの消費量は減少し、同5.9%減の29.9キログラムとなる。

2029年までの動向予測

 2020年末の生産能力の回復以降、緩やかに増加を続け、2029年の生産量は5972万トンと現状の1.4倍程度までの拡大を予測している。
 一方、国内供給が回復し、自給率が徐々に上昇するため、輸入量は緩やかな減少基調をたどり、2029年の輸入量は123万トンと予測する。また、輸出量は徐々に回復し、同年には18万トンと見込んでいる。
 消費量については、短期的には、生産能力が回復し価格が合理的な水準にまで低下することにより、豚肉消費は回復すると見込み、長期的に見ると、人口の増加などにより緩やかに増加するとしている。このため、2029年の1人当たりの消費量は42.3キログラムと予測している。
表1 豚肉の需給動向と展望

牛肉

2019年の動向

 2019年の生産量は、前年比3.6%増の667万トンであった(表2)。河北省、山西省など17省・自治区の貧困地域629カ所で、貧困緩和のために食用穀物生産から飼料生産に切り替える政策が実施されており、肉用牛産業が発展している。
 同年の輸入量は、同59.6%増の165万9700トンで、主要輸入先国(輸入量順)はブラジル、アルゼンチン、豪州、ウルグアイ、ニュージーランド(以下、「NZ」という)であった。
 また、国産牛肉の年間平均価格は、同12.4%高と大幅に上昇した一方、近年の牛肉嗜好(しこう)の向上と普及・浸透を背景に、同年の消費量も同11.4%増の833万トン、1人当たりにすると6キログラムであった。

2020年の動向予測

 2020年の生産量は、前年比1.6%増の678万トンと予測している。COVIDー19により、2月中旬までに約6割の食肉処理場が操業を停止(一部を含む)していたが、3月末以降業務再開が進んでいる。
 また、国内供給が依然不足していること、国産品より輸入品価格が安価であること、一帯一路政策により貿易の拡大が期待されるから、輸入量は同0.6%増の167万トンとなる見込みである。
 消費量は、COVIDー19などの影響による一時的な外食の減少から回復し、人口増加や豚肉および家きん肉からの代替消費により消費量は増加するため、同1.4%増の845万トンである。

2029年までの動向予測

 2029年の生産量は、品種改良や生産技術の向上などにより789万トンと現状の1.2倍程度まで増加すると予測している。
 輸入量は増加し、2029年は205万トンとなる見込みである。一方、輸出量は減少が見込まれており、これらを踏まえ、2029年の牛肉消費量は、994万トンと予測されている。
 また、生産が消費に追い付かない状況になることに加え、環境規制や繁殖雌牛生産の発展の減速等の状況を受け、価格は高水準で推移すると見込んでいる。
表2 牛肉の需給動向と展望

家きん肉

2019年の動向

 2019年の生産量は、前年比12.3%増の2239万トンであった(表3)。また、輸入量は、同58%増の79万7000トンで、ほぼ全量が鶏肉であった。このうちブラジル(67.6%)とタイ(8.9%)で8割弱を占めるが、ロシア、ポーランド、ベラルーシ、フランスからの輸入が増加し、輸入先国の多様化が拡大している。一方、輸出量は同1.1%減の51万2400トンであった。
 豚肉価格の上昇、鶏肉消費量の増加、生産コストの上昇を受け、上半期の鶏肉価格は上昇した。
 また、1人当たり消費量は豚肉の代替として消費される流れを受け、都市部、農村部ともに消費が増加し同13.5%増の16.2キログラムであった。

2020年の動向予測

 2020年の生産量は前年比7.2%増の2401万トンと予測している。上半期は緩やかに、その後下半期は急速に増加すると見込んでいる。
 輸入先の拡大も追い風となり、輸入量は同7.5%増の86万トンと引き続き増加する見込みである。一方、国内需給がひっ迫しているため輸出は抑制され、同2%増の52万トンとなる見込みである。
 鶏肉価格は豚肉の代替消費の拡大が見込まれることから、高値で推移する見込みである。
 消費量も同7.4%増の2435万トンと予測している。年始はCOVIDー19により、生鳥市場が閉鎖され、外食産業が停止したため、消費量は大幅に減少したが、下半期は回復する見込みである。

2029年までの動向予測

 2029年の生産量は、2585万トンと現状の1.2倍程度まで増加すると予測している。2021年までは急速に増加し、その後増加は年1%程度と緩やかになる。
 輸入量は、生産量の増加を背景に2029年の約60万トン強まで減少傾向で推移するとともに、輸出量は約60万トン弱まで増加傾向で推移する見込みである。
 生鳥での取引は減少するものの、冷凍や加工品での消費は増加するため、2029年の消費量は2589万トン、1人当たり18キログラムとなる見込みである。
表3 家きん肉の需給動向と展望
【寺西 梨衣 令和2年5月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.