[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(野菜) > 国内最大取引規模の農産物専門卸売市場、職員の新型コロナウイルス感染症の発症を受け、営業を停止(中国)

国内最大取引規模の農産物専門卸売市場、職員の新型コロナウイルス感染症の発症を受け、営業を停止(中国)

印刷ページ

最終更新日:2020年7月3日

 現地報道によると、中国北京市にある新発地卸売市場では、市場職員が新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)に感染したことが確認されたことを受け、2020年6月13日から営業を停止している。
 新発地卸売市場は、総面積121.3ヘクタール、職員数1759人、市場内店舗数5558軒、顧客企業8000社の全国最大取引規模の農産物専門卸売市場で、取扱量は北京市の野菜供給量の70%、果物供給量の80%、豚肉供給量の10%、牛・羊肉供給量の3%を占める。同市場の営業停止により、北京市内の生鮮農産物の供給に影響が生じることが懸念されている。
 これに対し北京市商務局は同年6月12日にプレスリリースを行い、「北京市の生鮮農産物を取り扱う大部分のスーパーは自らの供給ルートを持っており、いくつかの大型スーパーは直営生産および販売を行っているため、新発地卸売市場の営業停止が生活必需品の供給に与える影響は大きくない」旨を表明した。
 同年6月13日の報道によると、カルフール(外資系大型スーパー)は、「自前の農産物生産基地を持っているが、一部の生鮮野菜・果物、食肉類は新発地卸売市場で購入していた」旨を表明した。一方、京客隆(国内資本大型スーパー)は、「生鮮農産物は自家生産・販売を行っているので、新発地卸売市場で生鮮農産物を購入する必要はない」旨を表明した。報道時点では、北京の多くの大型スーパーのうち野菜(一部の葉野菜を除く)の品不足が生じているところは少数で、ばれいしょ、かんしょおよびにんじんなどは豊富にある、とのことであった。
北京市内の市場価格を見ても、13日の新発地卸売市場の営業停止直後においてはセルリーやレタスの価格が高騰したものの、その後は下落基調にある(図1〜3)。
図1 セルリーの市場価格
図2 レタスの市場価格
図3 ばれいしょの市場価格
写真1 新発地卸売市場 牛肉や野菜などの取引区(2019年6月撮影)、写真2 新発地卸売市場 輸入果物取引区(2019年6月撮影)
写真3 山東省青島市の農貿市場(産地近くで不定期に開かれる市場)(2019年12月撮影)、写真4 北京市内のカルフールの野菜売り場(2019年12月撮影)
写真5 北京市内の小型スーパーマーケット(国内資本)の野菜売り場(2019年12月撮影)
【寺西 梨衣 令和2年7月3日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際情報グループ)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.